内側から口角炎改善するには

口角炎とは、口角に炎症が生じ、亀裂や腫れ等が出来る皮膚疾患です。特に口を開けると痛みがひどくなります。
口角炎が起きる原因の1つは、食べ物といわれています。ビタミン不足の人に起きやすいといわれており、特にビタミンB2不足に気を付ける必要があるとされています。
ビタミンB2は、炎症を抑えて粘膜を保護する働きがあります。水溶性のため体内で蓄積されないので、毎日とる必要があります。その他には、粘膜の強化に関わるビタミンB6、皮膚や粘膜の健康を保つナイアシン、細菌に対する抵抗力を強化し、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンA等の不足も問題です。また、炎症がひどい場合には、傷を治す働きのあるビタミンCも大切です。
ビタミンB群の多い食材としては、B2がレバー、うなぎ、卵、納豆等、B6がレバー、マグロ、カツオ等となっています。また、ナイアシンはレバー、肉類、魚類、ビタミンAは緑黄色野菜、ビタミンCは野菜や果物に多く含まれています。
口角炎になると、対処法としてビタミン剤と軟膏を処方されることが多いです。これでビタミンが補えるじゃないかと思うかもしれませんが、薬だけではなく、やはり自然由来のビタミンも大切なのです。

コメントは受け付けていません。