胃腸のトラブル改善も大切

口の端が切れてしまう口角炎は痛いだけではなく、傷やかさぶたができてしまい見た目にも影響を与えます。
口角炎の原因はストレスやビタミン不足、特にビタミンB2が不足することによって起こったり、貧血、口腔内の乾燥、免疫力の低下による細菌感染が原因とされていますが胃腸の調子が悪いときにも起こることがあります。
胃腸の調子を整えることで口角炎の治りが早くなったり、できにくくなるので暴飲暴食をせずビタミンを多く含んだバランス、消化のよい食事を少量ずつとることを心がけ消化器官を休めるようにすることが大切です。
固形物の入っていない消化のよいドリンクに置き換えて行うファスティングダイエットをすると、胃腸に負担をかけることがなくなるので口角炎ができにくくなることもあります。
ストレスが原因で胃腸に負担がかかっている場合には漢方薬などを使用して、食事の見直しだけではなくストレスを軽減させるようにすることも必要です。
口角炎ができてしまった場合には皮膚の炎症を抑える効果のあるビタミンB群のサプリメントのほかに乳酸菌を含むサプリメントの服用もおなかの調子を整えるだけではなく免疫力アップの効果もあるので治りやすくなります。

コメントは受け付けていません。